東京で開業している女性司法書士。不動産登記や商業登記に加え、裁判関係も得意とし、講演や執筆等でも活躍。

商業法人登記

 設立・増資・役員改選・合併・分割・新株予約権・本店移転・支店設置等 コンプライアンスが求められる今、重要なのは企業法務です。 登記だけでなく、会社の骨格である法務のために適切なアドバイスをいたします。

※質問部分をクリックすると回答がご覧いただけます。
株式会社の設立が簡単になったと聞いたのですが。
会社設立のとき、銀行等の保管証明書が不要になったと聞いたのですが。
役員の改選登記を長いことしていないのですが。
役員が結婚して名前が変わったのですが。
住居表示実施で会社の住所が変わったのですが。
有限会社なのですが、新会社法になってどうなるのですか。
株式会社で取締役が3名いるのですが、減らすことは可能ですか。
商号をローマ字に変更したいのですが、できますか
有限会社ですが、増資できますか?
有限会社ですが、株式会社に変更することはできますか?
会社の印鑑カードを持っています。本店のある法務局でしか印鑑証明書は取得できませんか?
役員の任期を延ばすことができると聞いたのですが
会社に貸し付けがあります。これを増資の財源にすることはできますか。
3年前に確認会社を設立しました。このままでもいいですか。
当社には株式の譲渡制限がついていません。新会社法になって気をつけることはありますか。
未成年者でも会社の代表になれますか。

お気軽にお問い合わせください TEL 03-5215-7656 お電話受付時間:9:00~18:00
土・日・祝日および、事務所指定休日除く

PAGETOP
Copyright © Aya Legal affairs Judicial scrivener office. All Right Reserved.