東京で開業している女性司法書士。不動産登記や商業登記に加え、裁判関係も得意とし、講演や執筆等でも活躍。

賃貸トラブル(貸借人編)

※質問部分をクリックすると回答がご覧いただけます。
賃貸借契約書に「賃借人は賃貸借契約終了の際には、賃借物を現状に回復して返還する必要がある」と記載されています。この「現状に回復する」とは、どういう意味ですか?
賃転勤に伴い、賃貸マンションを明渡しました。敷金はすぐに返してもらえますか?
敷金が返金されるどころか、いきなり修繕費を支払えと家主から請求書が届きました。支払わねばなりませんか?
更新の時期に、いきなり更新料を請求されました。契約書には何の記載もありません。
隣の部屋の入居者が夜遅くまで騒ぎます。どうしたらいいですか?
最近は明渡した後、リフォーム代の請求をされたりとトラブルが多いと聞きました。そんな争いにならないために、どんな準備をしておいたらいいでしょうか?

お気軽にお問い合わせください TEL 03-5215-7656 お電話受付時間:9:00~18:00
土・日・祝日および、事務所指定休日除く

PAGETOP
Copyright © Aya Legal affairs Judicial scrivener office. All Right Reserved.